空中絵文字ケータイで、大空に願いを描け!--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 3)

ネオンサイン機能だと!側面が光るぞ!

 メニューの3つめのタブ、「Entertainment」を開いてみよう。そこには「Air Sign」というアイコンがある。「エアーサイン」?何それ?てか何がAirで何がSignなんだろうか。とりあえずアイコンを押してみると、そこにはさらに「Wave Message」と「Neon Light」というサブメニューがある。こ、これって何かが光る機能なのか!?

Air Signって何の機能なの!まずはNeon Lightを試してみよう Air Signって何の機能なの!まずはNeon Lightを試してみよう(※画像をクリックすると拡大します)

 ということで、まずは意味がわかりやすそうなNeon Lightから試してみることにした。メニューを押すと「Call」「SMS」「Alarm」と3つの選択枝が表示される。音声着信やSMS受信などでネオンサインが点く、ってことなんじゃないだろうか、そうだよねきっと!試しにCallを選んでみると設定画面に入り、デフォルトは「Clear Neon Light」になっている。この状態では何も起きないのね。ここでジョグダイヤルを回して次の「Neon Light 1」にしてみると……。

 側面が光る!LEDライトが点滅しまくる!!

 そうなのだ。このNeon Light機能とは本体側面に埋め込まれたLEDライトを点灯させるものだったのだ。Neon Lightのパターンはなんと10種類もあるので自分の好みのパターンや、気分に応じて変更することが可能だ。マナーモードにしておいてもライトは光るので着信を逃すこともない!そしてそして、暗い場所で電話を受ければ目立つこと間違いなし!

 でもライトが光るのは面白いんだけど、赤一色のLEDライトの点滅はすごくチープ(笑)。せめて他の色もあればもうちょっとオシャレに見えるんだけどねー。トンデモケータイでも光るタイプのケータイは数色のライトを使うのが今や常識なことからわかるように、この「赤1色のネオンサイン」は結局流行らなかったようだ。

点灯10パターンを動画でご紹介!最後は暗闇でも
着信やアラームで設定を変えられる。 着信やアラームで設定を変えられる。(※画像をクリックすると拡大します)
側面のLEDライトが点滅を開始だ! 側面のLEDライトが点滅を開始だ!(※画像をクリックすると拡大します)
てなことで暗いところでもやってみました てなことで暗いところでもやってみました(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]