logo

携帯電話・PHSの国内出荷台数が10年ぶりに4000万台を割り込む--JEITA発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人電子情報技術産業協会(JEITA)が発表した、移動電話の国内出荷実績で、2009年の携帯電話・PHSの国内出荷台数が集計開始以降、前年比で過去最大の減少になったことがわかった。

 JEITAの発表によると、2009年1月から12月までの携帯電話・PHSの国内出荷台数は前年比で25.5%減の3130万台。減少は2年連続で、減少率は2008年の同18.7%減をさらに上回った。暦年の出荷台数が4000万台を割り込むのは10年ぶりで、市場が拡大期にあった1998年規模の水準となった。

 また、2009年12月単月での出荷台数は268万台。前年同月比では15.7%の減少となり、前月の9.9%減からさらに落ち込んだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]