「iPad」はパズルの最後の1ピース--アップルが挑むメディアとモバイルの融合 - (page 3)

文:Erica Ogg(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2010年02月02日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 もう1つ注意すべきことは、AppleはiBooksサイトを自社で作る必要はなかったということだ。すでにさまざまな電子書籍アプリが存在しており、iPadに書籍を送り届けるのも簡単にできただろう。しかし、ここでもAppleは独自のやり方でことを進め、書籍は、おそらくはすべてのメディアの門番になろうとする計画の、中核的な部分となった。

秘密の実験台

 iPadの使い方について言えば、それはAppleがここ数年取り組んできたことの集大成だ。iTunesから何かを買ったことのある人、App Storeのゲームをプレイしたことのある人、仮想キーボードに慣れている人は、知らないうちにiPadの練習をしていたということになる。

 AppleはiPodによって、CDやDVDといった物理的コピーのないメディアを購入することに人々を慣れさせた。またiPhoneによって、ピンチやズーム、スワイプ、仮想キーボードといったタッチスクリーンによる操作や、サードパーティーアプリケーションの有用性、そしてポケットの中のウェブという観点から考えることを教え込んだ。これらのことすべてが、iPadの主な特徴となっている。Jobs氏が27日に述べたように、「iPod touch」やiPhoneを持っている7500万の人々が「iPadの使い方をすでに知っている」と言える。

 それこそが、Appleのすべての製品に対する哲学だ。ユーザーが「分かる」ものでなければならない。つまり、デバイスを初めて手に取ったときに、直感的に使い方が分からなければならない。iPadは、最初のiPod touchや最初のiPhoneとは対照的に、われわれがすでに体験している他のデバイスと非常によく似ているので、テクノロジにちょっとした興味しかないような平均的な消費者にとって、このことが本当に成り立つかもしれない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]