logo

グーグル、12月米国検索市場でシェア拡大--ニールセン調査

文:Don Reisinger(Special to CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2010年01月14日 08時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メディア調査会社Nielsenの発表によれば、Googleは2009年12月の米国検索市場においても首位を維持し、米YahooとMicrosoftは同社を追う展開となっているという。

 米国時間1月13日にリリースされたNielsenの「December U.S. Search Rankings」リポートでは、米国のインターネットユーザーたちが2009年12月に実施した検索数は99億回を超えたとされている。そのうちGoogleの検索数は約67億回となっており、12月の総検索数において67.3%のシェアを獲得するに至った。

 一方、Nielsenによる12月の調査で、Yahooは第2位に入っている。Yahooの検索数は14億回を超え、14.4%の市場シェアを押さえている。また、Nielsenによれば、Microsoftの「Bing」の検索数は9億8600万件で、9.9%の検索市場シェアを占めた。Ask.comのシェアは1.7%、My Web Searchのシェアは1.0%、Comcastのシェアは0.5%と続いている。

 Googleの検索市場での優位性は、11月から12月にかけて、さらに拡大している。Googleの11月時点の検索市場シェアは65.4%だったのに対して、Yahooのシェアは15.3%となっていた。Bingが11月に10.7%のシェアを占めていたにもかかわらず、12月に大幅に減少したのは注目に値する点である。

図1

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]