グーグル、ウェブ開発用ツール「Browser Size」を公開--ページの表示領域を測定

文:Stephen Shankland(CNET News) 翻訳校正:編集部2009年12月17日 19時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月16日、「Browser Size」と呼ばれるツールを公開した。このツールを使うことでウェブ開発者は、ユーザーのブラウザでウェブページがどれだけ見られているかを測定できるようになる。

 独自の分析によりGoogleは、「Google Earth」のダウンロードボタンが利用者の目にとまりにくいことを発見した。さらにその理由が、ブラウザ画面をスクロールしないとボタンが表示されないためであることが判明した。ページの修正によりダウンロード率が10%向上したとBrowser SizeチームのArthur Blume氏はブログで述べている。

 Browser Sizeは、ウェブページをロードし、ページのそれぞれの部分がどれくらいの人に見られているかをオーバーレイで表示する。左上が当然100%になるが、右下に移るに従って、人から見られる割合が減少する。オーバーレイの統計は、Google.comホームページを訪問した人のデータを基に算出している、とプログラマのBruno Bowden氏は述べている。

 「例えば、重要なボタンが80%の領域にあるなら、ユーザーの20%はそのボタンを見るためにスクロールが必要になる、ということを意味する」とBowden氏は述べる。

Google Browser Size Google Browser Size(提供:Stephen Shankland/CNET)

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加