logo

フォトレポート:南極の氷と海面上昇への影響--NASAのアイスブリッジ調査 - 3/15

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年12月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 アンバース島のパーマー基地で、米国南極プログラムのメンバーが赤いジャケットを着て、頭上を飛ぶアイスブリッジ調査の飛行機にあいさつの文字を描いた。パーマー基地は、人が極めて少ないこの大陸に3カ所ある米国の環境研究施設の1つだ。

 アンバース島は、南極半島のほぼ中間に位置している。南極半島は、ティエラ・デル・フエゴ島に向かって北に伸びており、その先には南米大陸の南端がある。アイスブリッジ調査チームの拠点があったのはその地域、チリの最南端プンタアレナスで、南極大陸の上ではなかった。
Scroll Right Scroll Left

 アンバース島のパーマー基地で、米国南極プログラムのメンバーが赤いジャケットを着て、頭上を飛ぶアイスブリッジ調査の飛行機にあいさつの文字を描いた。パーマー基地は、人が極めて少ないこの大陸に3カ所ある米国の環境研究施設の1つだ。

 アンバース島は、南極半島のほぼ中間に位置している。南極半島は、ティエラ・デル・フエゴ島に向かって北に伸びており、その先には南米大陸の南端がある。アイスブリッジ調査チームの拠点があったのはその地域、チリの最南端プンタアレナスで、南極大陸の上ではなかった。

提供:NASA/John Arvesen

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]