logo

フォトレポート:南極の氷と海面上昇への影響--NASAのアイスブリッジ調査 - 8/15

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年12月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 DC-8に組み込まれているのは、氷床の厚さを測定するMultichannel Coherent Radar Depth Sounder(MCoRDS)だ。氷の下の地形を地図に描くこともできる。

 Markus氏はFAQで、「レーザー高度計はICESatと似たもので、このミッションで最も重要な装置だ。レーザーは、雪にせよ氷にせよ表面で反射するので、表面の海抜を測定できる。この飛行機には、カンザス大学で作られたレーダーも搭載されているが、レーダーは雪を貫通する。レーザーとレーダーで得られた結果の違いを見れば、理論上雪の深さが分かる」と述べている。
Scroll Right Scroll Left

 DC-8に組み込まれているのは、氷床の厚さを測定するMultichannel Coherent Radar Depth Sounder(MCoRDS)だ。氷の下の地形を地図に描くこともできる。

 Markus氏はFAQで、「レーザー高度計はICESatと似たもので、このミッションで最も重要な装置だ。レーザーは、雪にせよ氷にせよ表面で反射するので、表面の海抜を測定できる。この飛行機には、カンザス大学で作られたレーダーも搭載されているが、レーダーは雪を貫通する。レーザーとレーダーで得られた結果の違いを見れば、理論上雪の深さが分かる」と述べている。

提供:Jane Peterson, NSERC

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]