フォトレポート:南極の氷と海面上昇への影響--NASAのアイスブリッジ調査

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年12月03日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 南極での融氷が世界の海面に及ぼす影響について、科学者たちが理解を深めようとしている中、米航空宇宙局(NASA)は、南極で氷床と海氷のデータを収集する秋のミッションを完了した。この任務では、NASAの名前のうち「航空」の部分が強調され、上空飛行には、衛星やスペースシャトルではなく、かつて商業飛行に使用されていた「DC-8」ジェット旅客機が用いられた。10月と11月に実施された飛行は、6年間にわたって地球の両極地域を研究しているアイスブリッジ調査(Operation Ice Bridge)の一環だった。

 この画像は、アムンセン海に広がる氷棚の一部。同調査でこの秋最初の飛行が実施された米国時間10月16日に撮影された。撮影には、DC-8に下向きに取り付けられたDigital Mapping Systemのカメラが使用された。
Scroll Right Scroll Left

 南極での融氷が世界の海面に及ぼす影響について、科学者たちが理解を深めようとしている中、米航空宇宙局(NASA)は、南極で氷床と海氷のデータを収集する秋のミッションを完了した。この任務では、NASAの名前のうち「航空」の部分が強調され、上空飛行には、衛星やスペースシャトルではなく、かつて商業飛行に使用されていた「DC-8」ジェット旅客機が用いられた。10月と11月に実施された飛行は、6年間にわたって地球の両極地域を研究しているアイスブリッジ調査(Operation Ice Bridge)の一環だった。

 この画像は、アムンセン海に広がる氷棚の一部。同調査でこの秋最初の飛行が実施された米国時間10月16日に撮影された。撮影には、DC-8に下向きに取り付けられたDigital Mapping Systemのカメラが使用された。

提供:NASA

 南極での融氷が世界の海面に及ぼす影響について、科学者たちが理解を深めようとしている中、米航空宇宙局(NASA)は、南極で氷床と海氷のデータを収集する秋のミッションを完了した。この任務では、NASAの名前のうち「航空」の部分が強調され、上空飛行には、衛星やスペースシャトルではなく、かつて商業飛行に使用されていた「DC-8」ジェット旅客機が用いられた。10月と11月に実施された飛行は、6年間にわたって地球の両極地域を研究しているアイスブリッジ調査(Operation Ice Bridge)の一環だった。  この画像は、アムンセン海に広がる氷棚の一部。同調査でこの秋最初の飛行が実施された米国時間10月16日に撮影された。撮影には、DC-8に下向きに取り付けられたDigital Mapping Systemのカメラが使用された。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加