logo

「Windows 7」VS「Snow Leopard」パフォーマンス比較--新OS対決を制したのは - (page 3)

文:Dong Ngo(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル、編集部2009年10月21日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 時間を基準とするテストの最後はマルチメディアマルチタスクテストだ。iTunesがバックグラウンドで楽曲を変換している状況で、QuickTimeが映画ファイルをMP4フォーマットから「iPod」フォーマットに変換する時間を計測した。筆者は、Windows 7ではQuickTime 7を使用し、Snow LeopardではQuickTime Xを使用する必要があったが、Appleの主張によると、QuickTime Xは前版よりもパフォーマンスがはるかに強化されているというので、このテストはいくらか不公平だ。結果は、わずか444.3秒で変換を完了したSnow Leopardが、723秒を要したWindows 7を大差で打ち負かした。

 Snow Leopardは確かに、起動とシャットダウンおよびApple製ソフトウェアの実行において、Windows 7よりも優れていた。しかし、ほかのサードパーティー製ベンチマークソフトウェアでは、これとは異なる結果が出た。

3Dイメージレンダリングのベンチマークでは、Windows 7が明らかにSnow Leopardを上回っている。 3Dイメージレンダリングのベンチマークでは、Windows 7が明らかにSnow Leopardを上回っている(グラフが長いほど高パフォーマンス)。
提供:Dong Ngo/CNET
※ 画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます。

 CINEBENCH R10のテスト結果では、Windows 7は3D画像のレンダリングにおいて5777点を獲得し、5437点のSnow Leopardよりも顕著に優れていた(点数が高い方が優れている)。ゲームにおいても、Windows 7の方が高いフレームレートを示した。われわれのCall of Duty 4テストでは、Windows 7の1秒当たりのフレーム数は26.3だったが、Snow Leopardではわずか21.2だった。Kaminiski記者はいくつかの異なるマップで同ゲームをテストし、われわれは両OSで最も高いスコアを記録したマップをここで報告している。Snow LeopardはWindows 7と比べ、1秒当たりのフレーム数が一貫して5〜7フレーム少なかった。

3Dゲームのパフォーマンスは、Snow LeopardよりWindows 7の方が優れている。 3Dゲームのパフォーマンスは、Snow LeopardよりWindows 7の方が優れている(単位はfps。グラフが長いほど高パフォーマンス)。
提供:Dong Ngo/CNET
※ 画像をクリックすると拡大画像が別ウィンドウで開きます。

 最後のテストでは、バッテリ持続時間を計測した。このテストは最も長い時間を要し、おそらく最も議論の余地があるものだろう。筆者は最近のブログ記事で、Windows 7はMacBook Pro上でSnow Leopardとほぼ同等のバッテリ持続時間を示したと書いた。だが、筆者は間違っていた。MacBook Pro上のWindows 7でのバッテリ持続時間は、Boot Camp 2.1で使用したときと比べれば確かに改善されているものの、Snow Leopardと比べて著しく短い。

 テスト時間を短縮するため、それぞれのテストの前にバッテリを完全に充電する必要があったので、パフォーマンステストのときと同じ設定でバッテリ持続時間をテストすることにした。この設定では、通常の使用状態よりもバッテリがはるかに早く消費される。コンピュータの画面とキーボードのバックライトは最も明るく設定されており、スピーカの音量は最大で、Wi-Fi接続は有効になっていた。その上で、バッテリが切れるまで、HD映画クリップを全画面モードでループ再生した。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]