logo

総務省、新規参入予定の定額制携帯電話サービス事業者に状況説明を要請

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 携帯電話の定額制通話サービスへの参入を届け出ている通信事業者2社に対し、総務省は準備状況の報告を要請した。

 総務省から要請を受けたのは、エキスパートアライアンスとモフィー。両社はMVNOによる月額4000円の定額制携帯電話サービス提供を計画しており、総務省に事業許可を届け出ていた。

 総務省は利用者利益保護などの観点から、両社によるサービスの円滑な提供に懐疑が認められるとし、準備状況について報告を要請したとのこと。2社は、サービス開始を予定している9月14日を期限に報告しなければならない。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]