logo

Androidユーザー、iPhone並みにアプリケーションをダウンロード利用--米調査

文:Larry Dignan(CNET News) 翻訳校正:湯木進悟2009年08月28日 09時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 AdMobが実施した新調査によれば、Android、iPhone、iPod touchユーザーは、すべて共通してアプリケーション利用に積極的であり、デバイス上に頻繁にダウンロードを行っていることが明らかになった。

 しかしながら、Androidを採用するデバイスのユーザーベースは、まだ非常に小規模に限られており、それゆえに今後伸びていく可能性も高い。

 モバイルウェブやアプリケーション利用を追跡調査するAdMobは、AndroidとiPhoneのユーザーが、ともに毎月9〜10本のアプリケーションをダウンロードしているのに対して、iPod touchのユーザーは毎月18本ほどのアプリケーションをダウンロードすると発表した。米国時間8月27日にリリースされた同調査結果(PDFファイル)によると、AndroidユーザーおよびiPhoneユーザーの過半数が、アプリケーションの利用に毎日30分以上を費やしているという。

 現在のところ、T-Mobileの「MyTouch」に代表されるようなAndroidの搭載製品を手に入れるのは容易でない。だが、Motorolaが第4四半期中にVerizon Wirelessを始めとする大手キャリア向けにAndroidを搭載した携帯電話を発売するなど、状況は変化しつつもあるようだ。

アプリケーションの月平均ダウンロード数の比較グラフ画像 提供:AdMob

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]