「Mac OS X Snow Leopard」発売--新機能をレビュー - (page 3)

文:Jason Parker(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル、編集部2009年08月28日 12時00分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新機能

Expose

 Snow Leopardには、「Mac OS X」をより簡単で効率的に使えるようにするための、ユーザーインターフェースの改良が数多く施されている。「Expose」は、散らかったデスクトップ上で必要なウィンドウを視覚的に探すためのAppleのシステムであり、以前は、キーボードのファンクションキーという目立たない場所にあった。Snow Leopardでは、Exposeに「Dock」からアクセスできるようになっている。Dockアイコンをクリックしてマウスボタンを押し続けると、そのアプリケーションで開かれているすべてのウィンドウのサムネイルが表示される。Tabキーを押すと、起ち上げているアプリケーションごとにプレビューサムネイルを切り替えることができる。Dock内でExposeを使用するのはとても自然で洗練されており、これがどうしてLeopardの機能になかったのか不思議だ。

Dockでアプリケーションのアイコンをクリックしてマウスボタンを押し続けると、そのアプリケーションで開いているすべてのウィンドウのサムネイルが表示される。 Dockでアプリケーションのアイコンをクリックしてマウスボタンを押し続けると、そのアプリケーションで開いているすべてのウィンドウのサムネイルが表示される。

Dock

 Exposeを使って適切なウィンドウを探すのに加え、Dockを使って、あるアプリケーションから別のアプリケーションへファイルをドラッグすることもできる。画像を電子メールに追加したいが、デスクトップは開いたウィンドウでいっぱいだとしよう。Snow Leopardでは、画像を選び、それをDock内の「Mail」アイコンにドラッグすれば、電子メールウィンドウが開き、画像を望む位置にドロップできる。ファイルをこのような方法でドラッグ&ドロップできるのは便利だが、フォルダをブラウジングして画像を添付するよりもずっと簡単かどうかは分からない。それでも、画像がすでにデスクトップ上にあることが分かっていれば、より速い方法かもしれない。

Stacks

 「Stacks」にも待望のアップグレードが行われた。Leopardでは、Stacksは決まった数のファイルとアプリケーションを一覧表示するだけで、使いたいアプリケーションがそこになければ、「Finder」を使う必要があった。同じように、Stacksでフォルダを開こうとすれば、Finderに飛ばされていた。Snow Leopardでは、Stacksにスクロールバーがついていて、アイコンは以前と同様判別しやすく、何でもDockから起動することができる。フォルダもStacks内で開くことができるので、Stacksウィンドウから離れずに、フォルダ内のファイルにナビゲートできる。こうした変更によって、Stacksは以前よりはるかに使いやすくなった。おそらく、Stacksの導入当初からこうした機能が利用できるべきだったのだろう。

Finderに飛ばされることなく、アプリケーションやドキュメントをスクロールして探すことができる(Stacks内でフォルダを開くこともできる)。 Finderに飛ばされることなく、アプリケーションやドキュメントをスクロールして探すことができる(Stacks内でフォルダを開くこともできる)。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]