売れ残りにも福がある?1000円ケータイは意外と高機能--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 5)

1000円の本当の理由はトンデモナカッタ

 ということで、このZ2もなかなか悪くない端末だ。なにせ1000円ですからねー、壊れても文句言う気すら起きないくらいである。ところがしばらく使っていたら、やっぱり問題が発生してしまったのね。しかも致命的な問題なので困ったものだ。というのもこのZ2、なんと電池の充電ができないのだ。付属のUSB変換型ACアダプタを接続すると「Warning Invalid Charger!」の画面警告と共にアラームがなってしまう!ってことは電池が無くなったら使い捨てですか?(涙)。まさかNokiaの電池を買ってきてそれを入れろってか?

 仕方ないのでまた広州まで繰り出して「充電できないじゃん!」とクレームしたら、明快な回答。「だから安いんだよ。充電できたらそんな値段じゃ売らないよ」だそうだ(笑)。そもそも買ったのは不用品などを売っている現金問屋のような店であり、まともなケータイショップじゃない。もちろん保証も無い。まぁ1000円ケータイに保証なんて付けたらそれこそやってられないだろう。こりゃ工場から廃棄された不良品の転売だったのかもしれない。

 「じゃーどーすんのよこれ」「あれ買えばいいだろ」「あ、あれね」「うちで売ってるよ、10元ね」。ということで以前もご紹介した、クリップタイプの電池充電器を100円ちょいで買って一件落着。「充電できなきゃ抜本的な解決策になっていない」と思うようじゃ、投売りトンデモケータイとまともなお付き合いなんてできないのだ。掘り出し物もあればジャンクもある、安いものにはやっぱり理由があったのね。

充電ケーブルをつなぐとこの表示。これじゃ充電できないじゃん!
充電ケーブルをつなぐとこの表示。これじゃ充電できないじゃん! (※画像をクリックすると拡大します)
結局これ買いました。電池直接充電すりゃ使えるんだからこれでよし 結局これ買いました。電池直接充電すりゃ使えるんだからこれでよし(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]