売れ残りにも福がある?1000円ケータイは意外と高機能--中国トンデモケータイ図鑑 - (page 2)

意外と多機能!実はけっこーお買い得だった

 機能は期待していなかったものの、ディスプレイサイズは結構大型で悪くない。電源を入れてみるといきなり背面から大音響が流れてきた!かなりやかましくて、さすがの中国でも、電車の中で隣の人が驚いたくらいだ。背面に搭載されている5つのスピーカーは伊達ではないらしい。もっとも本当にスピーカーが5つ内蔵されているかどうかは概観からはわからないんだけどね。またカメラは正真正銘のメガピクセル。結構きれいな写真が取れちゃう。なんだか悪く無いぞ!こりゃ掘り出し物だったか?

 電源を入れてみると壁紙はヤングなイメージ(笑)。デフォルトは壁紙がスライドショーで自動切換えするのも楽しい。そしてメニューキーを押せば大型のアイコンがグリッド上に並ぶ。ん?少しiPhoneを意識しているのかな?このアイコンサイズなら指先でも楽々押せるのがうれしいところ。またメニューのフォントは丸ゴシック系でかわいい雰囲気だ。うんうんなるほど、やっぱりターゲットは若い層なのね。

 通話するときは10キーを押す以外に画面上にソフトキーを呼び出せるが、これもカラフル。こうしてみると結構細かいところまでがんばって作っている感じだ。ゲームも数種類はいっているが、キャラクターの著作権がヤバそうなものも入っているのはご愛嬌。まぁ若者に売るためには若者が好きなキャラクターで、ってことなんだろう。また意外と他のトンデモケータイにないのがドローソフト。画面上に手書きで文字やお絵かきができる。

 こうしてみると、この「閃星 V95」が売れなかったのはやっぱりパッケージが悪かったんじゃないかなーと思えてくる。だって機能は悪くないからね。いくら中国でも「出せば何でも売れる」ってわけじゃないってことか。

大型ディスプレイがいい感じだ 大型ディスプレイがいい感じだ(※画像をクリックすると拡大します)
背面にはスピーカーを5つ搭載。カメラはメガピクセル。電池カバーの「Windows Mobile」はスルーしておこう 背面にはスピーカーを5つ搭載。カメラはメガピクセル。電池カバーの「Windows Mobile」はスルーしておこう(※画像をクリックすると拡大します)
壁紙はどこかの芸能人?スライドショーで数秒ことに切り替わる 壁紙はどこかの芸能人?スライドショーで数秒ことに切り替わる(※画像をクリックすると拡大します)
メニュー画面。指先でアイコンを押しやすい。フォントは丸ゴシック系でやわらかいイメージだ メニュー画面。指先でアイコンを押しやすい。フォントは丸ゴシック系でやわらかいイメージだ(※画像をクリックすると拡大します)
ソフト数字キーもカラフル。ゲームは著作権が怪しいものも。お絵かきアプリは便利 ソフト数字キーもカラフル。ゲームは著作権が怪しいものも。お絵かきアプリは便利(※画像をクリックすると拡大します)

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]