logo

朝日新聞、ソーシャルブックマークを軸にしたモバイルSNS「参考ピープル」--手嶋屋や芸者東京が協力 - (page 2)

岩本有平(編集部)2009年07月30日 17時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 同社では4月に講談社や小学館、ECナビらと用語解説サイト「kotobank」を立ち上げるなど、ネットサービスの展開にも積極的な動きを見せている。参考ピープルについても、「社内に説明しても分からないという人はいると思う。しかし今までの(同社)イメージと違ったものができればいい」と語る。

 サービスを指揮する朝日新聞社デジタルメディア本部プロデューサーの洲巻圭介氏は、これまで朝日新聞社が有料課金型のモバイルメディアを運営してきたこと、そしてこれまでのメディアでは、自分たちがニュースや情報を作成し、ブロードキャストしてきたと説明した上で、「(インターネットによる)情報爆発の今、読者に有用な情報をソーシャルブックマークやタグを通じてフィルタリングして届ける」とサービス提供に至った経緯にを説明する。

 今回朝日新聞社は、芸者東京エンターテインメント、手嶋屋という2社のベンチャーと組んでサービスを提供するが、いずれも朝日側からオファーをしたという。

 参考P編集部の人工無脳を提供する芸者東京エンターテインメント代表取締役CEO/ファンタジスタの田中泰生氏は、既存のサービスとの差別化の難しさを挙げた上で、「『紙のメディアを持っている』という強みを生かすサービスに進化させたい」とコメント。将来的には、参考ピープルにさまざまな情報が集まり、それを集約して紙媒体として提供できるような価値ある情報源として展開できればおもしろいと持論を語った。

 システムを担当する手嶋屋代表取締役の手嶋守氏は、「将来的には『朝日が新しい新聞を出した』というくらいのボリュームのあるサービスにしたい」と期待のコメントを寄せた。

 参考ピープルの利用料は無料。朝日新聞社ではこれまで課金型のモバイルサイトを運用してきたが、広告モデルで一般サイトとして運営するのはこれが初となる。9月1日には正式サービスとして公開する予定で、3年後に利用者100万人、広告売り上げ2億円を目指す。

左から芸者東京エンターテインメント代表取締役CEO/ファンタジスタの田中泰生氏、朝日新聞社デジタルメディア本部プロデューサーの洲巻圭介氏、手嶋屋代表取締役の手嶋守氏
左から芸者東京エンターテインメント代表取締役CEO/ファンタジスタの田中泰生氏、朝日新聞社デジタルメディア本部プロデューサーの洲巻圭介氏、手嶋屋代表取締役の手嶋守氏

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]