フォトレポート:米空軍「サンダーバーズ」飛行隊--華麗なる曲芸飛行の歴史 - 9/16

文:Jonathan Skillings(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年06月01日 07時45分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米空軍では現在1000機を超えるF-16が稼働しており、当然ながら多くが戦闘機としての任務に就いている。Thunderbirdsも、72時間以内に戦闘態勢に入れることが期待されている。機体には航空ショーでのパフォーマンスに向けて若干の改変のみが加えられており、赤、白、青の3色に塗り分けられ、20mm機関砲を搭載するための場所にスモーク発生装置が搭載されている。この写真は、「F-16CJ」のチーフクルーが、訓練のための誘導滑走の準備が整う間、機体から離れて立っているところ。

 米空軍では現在1000機を超えるF-16が稼働しており、当然ながら多くが戦闘機としての任務に就いている。Thunderbirdsも、72時間以内に戦闘態勢に入れることが期待されている。機体には航空ショーでのパフォーマンスに向けて若干の改変のみが加えられており、赤、白、青の3色に塗り分けられ、20mm機関砲を搭載するための場所にスモーク発生装置が搭載されている。この写真は、「F-16CJ」のチーフクルーが、訓練のための誘導滑走の準備が整う間、機体から離れて立っているところ。

提供:U.S. Air Force photo/Senior Airman Larry E. Reid Jr.

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]