マイスペースとAny、SNS「MySpace」で3Dアバターを提供開始--今夏にも世界展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3Dアバターを提供するAnyとソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「MySpace」を運営する米MySpaceの日本法人マイスペースは4月22日、MySpaceにて3Dアバターサービスを開始した。アイテム課金方式で収益を上げ、レベニューシェアを行う。早ければ今夏にもサービスを英語化し、本格的に世界展開する計画だ。

 サービスの正式名称は「MySpace Japan Official Avatar」。エイチアイが開発し、Anyが提供するアバター とアイテム課金のシステムをOpenSocial準拠のアプリケーションプラットフォーム「MySpace Developer Platform」のアプリとして提供する。

 アバターは3Dであることに加えて、体型も7頭身と現実の人間に近い。そのため、従来の2D3頭身のアバターに比べて「表現力が格段に向上している」(Any代表取締役CEOの畑野仁一氏)という。このため、実際にファッションブランドが提供する洋服や帽子、メガネなど各種商品とタイアップし、販売促進に活用するといった展開も狙う。

左からAny代表取締役CEOの畑野仁一氏、マイスペース代表取締役社長の大蘿淳司氏、エイチアイ代表取締役社長の川端一生氏
左からAny代表取締役CEOの畑野仁一氏、マイスペース代表取締役の大蘿淳司氏、エイチアイ代表取締役社長CEO川端一生氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加