未知との遭遇--ウェブサイトをランダム表示するツール9種 - (page 3)

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年04月10日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ThatRandomWebsite」:このサイトはデータベースのスロットを販売するという形をとっているため、完全にランダムとは言えないかもしれない。しかし、このサイトの背後にいるのは頭の切れる人たちで、「Million Dollar Homepage」の成功を見て、同じようにスロットを1単位1ドルで売ることにした(売り上げは寄付に回される)。ユーザーがこのサイトを訪れるか、ブラウザのリフレッシュボタンをクリックするたびに、どこか新しい場所へ連れて行ってくれる。ThatRandomWebsiteのホームページに戻るためのオプションもあり、昔のウェブリングのように感じられる。

picture7

 「Random Website」:(ThatRandomWebsiteと混同しないように)Random Websiteでは巨大な顔をクリックすると新しいサイトに飛ぶことができる。また、ユーザー独自のURLをデータベースに追加することも可能だ。サイト作成者の承認後、ほかのユーザーに公開される。しゃれたツールバーは用意されていないが、Random Websiteのブックマークを保存することによって、ランダムに選ばれたサイトを新しいブラウザタブで開くことができる。

 「Web-O-Random」もこのリストのサービスの1つだ。最高に美しいというわけではないが、すっきりとしたAjaxのトリックによってこれを補っている。ページ下部のフレームに、なめらかなフェード効果でランダムにページが読み込まれる。もう少し自分の「運命」をコントロールしたい人のために、リンク先が順番に回転しながら出てくる機能も用意されている。テクノロジデモは別にして、このサイトを利用中に何度か問題が生じた。もう存在しないページや英語ではないページが出てくるのだ。「Google Translate」がすぐ利用できれば問題にはならないかもしれないが。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]