logo

ブラウザ戦争の主戦場はJavaScript--ウェブアプリケーションに注目する各社 - (page 3)

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル2009年03月25日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 また同氏は、MicrosoftがJavaScriptの面で競合他社との差をつめることについても楽観的に考えており、「Microsoftはきっと他社に追い付くと思う」と述べている。

 ウェブアプリケーションに関して、JavaScriptだけを強調すれば、状況を過度に単純化することになる(そしてもちろん、ブラウザの品質には、そのほかにもセキュリティ、利用可能なプラグイン、OSのサポート、ユーザーインターフェースの反応性、といった側面がいくらでもある)。ウェブアプリケーションには、HTML 5やCSS 3といった、新しいテクノロジをもたらずウェブ規格から得られる利点もある。しかし、こういった要素をすべて組み合わせて、何かを表示するだけでなく何かを実行するウェブサイトを生み出すことのできるプログラミング言語となるのはJavaScriptだ。

 MozillaのBeltzner氏は「そういったものすべてを仲介するのがJavaScriptだ。まさにウェブの制御構造だ」と述べる。

激化する競争

 JavaScriptは一晩にして突如人気を得たというわけではない。その人気は、プログラマーたちがJavaScriptを使用して、PCベースのソフトウェアのインタラクティブ性の一部をウェブベースのアプリケーションで再現する方法を発見していく過程で、徐々に形成されてきたものだ。例えば、「Yahoo Mail」では、ユーザーがメッセージをクリックしてフォルダにドラッグすることが可能だ。このような高度なJavaScriptテクノロジは総称してAjaxと呼ばれている。

 「数年前から、人々は以前にも増してJavaScriptを多用する新しい開発モデルを採用し始めた。ウェブ開発者が、ブラウザの処理能力を超えたことを望む段階にまで到達しようとしていた」(Beltzner氏)

 2008年になって、JavaScriptエンジンが、ブラウザの高度化に取り組む人々からの注目を一身に集めるようになった。2008年6月にはWebKitからSquirrelFishが登場し、その後9月に「SquirrelFish Extreme」が発表された。Firefoxからは8月にTraceMonkeyが発表され、Googleは9月のChromeのリリース時にV8を宣伝した。さらにOperaが2009年2月にCarakanで競合他社を打倒する意気込みを示し、その後同月中にAppleが新しい「Safari 4」ベータバージョンでのJavaScriptのスピードをアピールした。

 Beltzner氏は、「競争に本格的に火を付けたのはWebKitだと思う。同時に取り組んでいる相手がいることによって、自分たちが可能な限り最善を尽くしたのかということについての、自分たち自身の判断に疑問を投げかける手段が与えられる」と述べ、さらにChromeが「確実にプレッシャーをかけ続けている」としている。

 MicrosoftのInternet Explorerは、2009年2月時点でも引き続きシェア1位のブラウザだったが、競合他社も市場全体の約3分の1を獲得している。
MicrosoftのInternet Explorerは、2009年2月時点でも引き続きシェア1位のブラウザだったが、競合他社も市場全体の約3分の1を獲得している。
提供:Net Applications

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]