1月米国検索市場で米ヤフー、MS、AOLが増加、グーグルは減少--コムスコア調べ

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2009年02月19日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月における米国検索市場は、米Yahoo、Microsoft、AOLがわずかながらも伸びを見せたが、Googleが依然大きな割合を占めていた。comScoreが米国時間2月18日に発表したレポートで明らかになった。

 Yahooは同市場において21%(前月比0.5%増)を獲得し、Microsoftが8.5%(同0.2%増)、AOLも3.9%(0.1%増)をそれぞれ得た。

 Googleは、市場における大きな割合を依然占めており、1月における検索業界の63%を獲得したが、0.5%の減少となった。

 興味深い点として、Silicon Alley Insiderは、Yahooが5カ月連続でわずかながらも伸びを米国検索シェアで見せていることを指摘している。

 たとえば8月、Yahooのシェアは19.7%だったとSilicon Alley Insiderでは述べている。しかし、過去5カ月において着実な伸びを見せ、1ポイント以上をこの期間で獲得している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加