logo

YouTube、動画のダウンロード販売機能を提供開始

文:Josh Lowensohn(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2009年02月13日 07時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeは米国時間2月12日、米国内のパートナー企業に向けて、提供動画のダウンロード販売が可能な新システムを立ち上げた。すでにいくつかの動画では、1月半ばよりダウンロード機能の提供が開始されていたものの、動画作成者が、どのように同機能をコンテンツ内に追加できるのかに関しては、いまだGoogleから、ほとんど明確な説明がなされていなかった。

 同プログラムへの参加が認められた、新システムのパートナー企業は、5つの異なる「Creative Commons」ライセンスの中から、自由に選択を行って、どのような価格設定でも可能になっている。指定の動画購入を希望するユーザーは、オンライン決済サービス「Google Checkout」の特別なページへとジャンプし、既存のGoogleアカウントの登録情報を用いて購入する仕組みになっている。

 すでにパートナー企業を通して提供されている、複数の動画セレクションが、現在ダウンロード購入可能である。一例として、HouseholdHacker.comは、1クリップにつき99セントで、動画のダウンロード販売を開始している。現在、購入可能な動画は、すべて(DRMフリーな)MP4フォーマットのみで提供されているものの、YouTubeは、以前にGoogle Videoが、iPodやPSPなどのポータブルデバイス向けに、エンコードおよびリサイズ提供を行っていたように、さらなる新たなフォーマットが追加される可能性は高い。

 しかしながら、新システムに関して、YouTubeおよびコンテンツ提供を行うパートナー企業が深く憂慮している点としては、ほとんどの場合、特殊なソフトウェアなどが必要になることもなく、数あるリッピングツールを用いた動画のコピーが、簡単に入手できてしまうことである。もしYouTubeが、動画クリップのデジタルコピー購入へとユーザーを促したいのであれば、この種のツールが、いとも簡単にソースファイルへとアクセスするのを阻むべく、何らかの措置を講じなければならないだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集