logo

あなたの歌声も公開できます--カラオケと連携したネットサービス

原田和英(アルカーナ)2009年02月09日 20時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイシェアの調査によると、カラオケの練習をするときに、インターネットカラオケを利用する人が6.9%いるという。また今後の利用意向では26.7%にも上る。そこでインターネットカラオケについて調べてみた。

 世界規模でいうと、スペイン発の「Redkaraoke」というサイトがある。ここでは、曲がカラオケバージョンで流れるのに合わせ自分が歌を歌うことができるほか、歌う様子を録画し、YouTubeのように公開できる。音階などの調整機能もついている。世界では40万人のユーザーがいる。

 権利者とも契約を結び、著作権問題を解決しているようだ。曲はMIDIとKARのファイル形式を準備。KARはMIDIに歌詞がついたカラオケ版。歌に合わせてカラオケのように歌詞の該当箇所の色が変わる。なお曲は自分でアップロードも可能。

 USENがGyaoが上で運営するのは、歌ブログ。自分の歌を歌っている映像を投稿できる。

-PR-企画特集