logo

世界のPC出荷台数、当初の悪い予測を覆す好調ぶり--ネットブックが急成長

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年12月24日 07時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 iSuppli(本社:カリフォルニア州エルセグンドー)は米国時間12月23日、ネットブックが決定的な役割を演じ、世界のノートPC出荷台数が、四半期ベースで初めて、デスクトップPCの出荷台数を上回ったことを明らかにした。

 ノートPCの出荷台数は、2008年第3四半期(7〜9月期)に、前年同期比で約40%増となる3860万台に達したと、iSuppliは述べている。

 ノートPC販売を大幅に押し上げた決定要因としては、ネットブックが挙げられるだろう。

 iSuppliのコンピュータプラットフォーム担当プリンシパルアナリストのMatthew Wilkins氏は、「iSuppliが発表した第3四半期の市場シェアデータの中でも、特筆すべきニュースとしては、台湾のAcerの業績がある。Acerは第3四半期中、前期比で約300万台増となるノートPCを出荷しており、その300万台のうち、大半は同社のネットブック製品群で占められた」と述べている。

 いまやAcerは、Wilkins氏によると、ネットブックの出荷台数急増により、市場シェア2位となるDellにも迫る勢いであるという。

 このすべては、低価格なデスクトップPCの出荷台数が、第3四半期中に、前年同期比1.3%減となる3850万台まで落ち込んだことも要因となっている。

 世界のPC出荷台数は、2007年の第3四半期と比較して、15.4%増となる7900万台を記録した。iSuppliによれば、この2008年第3四半期のPC総出荷台数は、当初から出されていた、前年同期比12%増という予測を上回るものになったという。

 HP(Hewlett-Packard)は、第3四半期に1490万台の出荷台数を記録して、18.8%の市場シェアを獲得し、トップシェアを占めるPCサプライヤーとしての地位をキープした。Dellも、1100万台を下回る出荷台数で、13.9%の市場シェアを占め、第2位の座を確保した。Acerは、第3四半期に970万台の出荷台数を記録し、12.2%の市場シェアを獲得した。

 4位と5位には、Lenovoと東芝が続いている。

 iSuppliは、2008年の通年予測を上方修正している。「予想を上回る第3四半期のPC出荷台数を考慮に入れて、iSuppliは、2008年の通年の予測値を、前年比12.5%から13.0%へと、わずかながら上方修正した」と、iSuppliは語っている。また、2009年のPC出荷予測台数に関しても、(以前から発表されていた)前年比4.3%増より、新たに修正することが求められそうであることを付け加えた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集