8.9型ワイド液晶、ワンセグ、Office搭載で5万9800円--工人舎、UMPC「MLシリーズ」

坂本純子(編集部)2008年12月22日 19時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 工人舎は12月22日、8.9型ワイド液晶を搭載したモバイルノートPC「MLシリーズ」としてOfficeを搭載した「ML6KL12F」を発表した。工人舎ウェブサイトにて同日より発売を開始した。

MLシリーズ MLシリーズ

 価格はOfficeを搭載して5万9800円。Word 2007、Excel 2007、Outlook 2007がプリインストールされている。

 「MLシリーズ」は、CPUにインテル Atomプロセッサ N270、OSにWindows XPを採用。1Gバイトのメモリと120GバイトのHDDを搭載したモバイルノートPCだ。

 バッテリ駆動時間は約4.7時間。ワンセグも備えている。8.9型ワイド液晶とキーピッチ15.9mmのキーボードを搭載し、重さは約1kg。小型軽量で、気軽に持ち運べる携帯性を備えたPCとなっている。

 また、横浜発祥のバッグの老舗、「キタムラ」のとコラボレーションした「SCシリーズ」もあわせて発表した。キタムラのオリジナルパソコンバッグに、SCシリーズを同梱し「ヨコハマモバイルスタイル」と名付けられている。

 バッグの種類は、ハンドバッグタイプとインナーポーチタイプの2つ。SCシリーズのGPSモジュール搭載の有無、カラーバリエーションを合わせて、全8種類の組み合わせから選べる。価格は8万9800円より。

ヨコハマモバイルスタイル ヨコハマモバイルスタイル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加