logo

オプトの2008年12月期第3四半期、営業利益48%増--筆頭株主の電通との協業効果 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 電通との協業による売上高は順調に拡大している。第2四半期(4-6月)の29億円から第3四半期では46億円と59%増えた。電通IM局に出向したり、逆に電通系のサイバーコミュニケーションズから出向を受け入れたりするなど深い関係を築きつつある。

 第4四半期(10-12月)に向けては、景気低迷が懸念材料となる。ただ、「販促費予算で出稿している顧客が多いため、大幅な落ち込みはなさそう」(同社)とみている。効果的な広告を心がけるクライアント企業がネット広告の出稿を増やす潜在需要もあるという。電通との協業効果も2008年12月期通期で130億円に達する見通し。

 2008年12月期通期は売上高が57%増の555億円、営業利益は6%減の12億円になる見通し。1-6月の貸倒引当金計上などが響く。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]