オプトの2008年12月期第3四半期、営業利益48%増--筆頭株主の電通との協業効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネット広告のオプトの2008年第3四半期(7-9月)決算は、営業利益が3億7000万円と前年同期比48%増えた。主力の広告事業が筆頭株主である電通との協業効果もあって大幅に増収した。売上高は71%増の152億8900万円だった。

 広告事業ではリスティング広告やモバイル関連の純広が拡大した。規模拡大で採算も改善した。テクノロジー事業ではサイト解析システムの「ADPLAN SP」が好調だった。ソリューション事業はウェブサイト開発やSEO関連が伸びた。

 不動産不況を踏まえ、関連業界向けで貸倒引当金を積み増した。売上高販管費は17億2400万円と11%増えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加