ウィルコム、W-SIM内蔵の無線LANアクセスポイント「どこでもWi-Fi」を発表

エースラッシュ2008年10月09日 19時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウィルコム、バッファロー、三洋電機の3社は10月9日、携帯できる無線LANアクセスポイントデバイス「どこでもWi-Fi」を、2009年春を目処に発売すると発表した。

 どこでもWi-Fiは、ウィルコムのW-SIMを通信モジュールとして搭載した無線LANアクセスポイントデバイスだ。IEEE802.11b/g対応で、製品開発はバッファローが担当し、バッテリには三洋電機の単3形充電池「eneloop」が採用されている。

「どこでもWi-Fi」 「どこでもWi-Fi」

 ウィルコムのPHSエリア内で、無線LAN機能搭載ゲーム機等のアクセスポイントとして使用できる。バッファローの自動設定システム「AOSS」の搭載により、初期設定は容易とのことだ。

 発売時期の詳細および価格については未定だが、販売はウィルコムが手がける。10月9日〜12日まで千葉の幕張で開催されている「東京ゲームショウ2008」の「モリゲームズブース」にてプロトタイプが出展されている。

「どこでもWi-Fi」のご利用イメージ 「どこでもWi-Fi」の利用イメージ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加