logo

シグマ、1400万画素イメージセンサー搭載のコンデジ「DP2」など2機種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シグマ(山木和人社長)は9月23日、コンパクトデジタルカメラ「DP2」とレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「SIGMA SD15」の開発を発表した。2機種とも発売日、価格ともに未定。

 「DP2」は、08年3月に発売したコンパクトデジタルカメラ「DP1」の後継機種。デジタル一眼レフカメラ「SD14」に採用している1400万画素の「FOVEON X3 ダイレクトイメージセンサー」を搭載する。

 センサーは20.7mm×13.8mmで、一般的なコンパクトデジタルカメラに搭載する1/1.8型-1/2.5型センサーの約7-12倍の面積にあたる。RGB全色を3層で取り込むことができるフルカラーイメージセンサーで、シリコンの異なる深さに配置されている3つの層が、センサー表面に近い方から順に青、緑、赤の光を取り込み、画像を生成する。レンズには、35mmフィルム換算で41mm相当の画角の24.2mm F2.8 レンズを搭載する。

 「DP1」に搭載した画像処理エンジン「TRUE」をより進化させた「TRUE II」を採用。外部メモリはSDカード/SDHCカード、マルチメディアカードに対応する。サイズは幅113.3×高さ59.5×奥行き54.6mm。

 一方、「SIGMA SD15」は、「DP2」と同様に「FOVEON X3ダイレクトイメージセンサー」と、画像処理エンジン「TRUE II」を採用したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ。3型液晶モニタを搭載する。

シグマ=http://www.sigma-photo.co.jp/

-PR-企画特集