logo

アップル、音声と顔認識を組み合わせた新マルチタッチの特許出願

文:Tom Krazit(CNET News.com) 翻訳校正:湯木進悟2008年09月05日 08時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは、将来の事業戦略の中心ともなる、マルチタッチインターフェースの改良へとつながる、新たな手法を模索しているようだ。

 Unwired Viewは、iPhoneで用いられているマルチタッチ入力に、音声認識や顔認識技術まで追加するユーザーインターフェースシステムのアイデアが含まれた特許を、Appleが出願していることを明らかにした。

 これまでのAppleのマルチタッチ関連特許でもそうだったが、今回の出願特許の発明者には、2005年にAppleによって買収された、マルチタッチインターフェース企業のFingerworksにおいて、技術開発の中心的存在である、Wayne Westerman氏およびJohn Elias氏の名前が連なっている。

 同特許のアイデアの根底にあるのは、いまや広く知られたiPhoneのマルチタッチコンセプトであれ、音声認識や顔認識であれ、異なる手段による入力方式の結合を目指すことである。

 システムには、複数の入力手段があったかもしれない。しかしながら、それぞれの入力手段は、典型的に独立した動作を行っている。(中略)シームレスに連携して動作するわけではない。シナジー効果を期待することはできないのだ。互いが一緒に動作することはないし、入力エクスペリエンスの改善といった共通の目的のもとで協調することはない。

 そこでAppleは、今回の特許技術で、より効率的にコンピュータを操作できるように、複数の入力フォームを結合するシステムの開発を目指している。たとえば、指でオブジェクトを選択し、音声でオブジェクトの色を青に変更するようコンピュータに命令し、スクリーンの右下に目線を移すことでオブジェクトを配置したい場所をコンピュータに教えることができるようになるかもしれない。

Appleの新出願特許画像 提供:USPTO

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集