フォトレポート:高画質回路クリアスとは?--写真で見るソニーの新Blu-ray

加納恵(編集部)2008年09月03日 21時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発表会には、ソニーマーケティング代表取締役執行役員副社長の栗田伸樹氏(左)とソニー業務執行役員SVPオーディオ・ビデオ事業本部本部長根本章二氏(右)が登場した。

根本氏は「2011年の地上アナログ放送終了に伴い、画質の評価基準がデジタルハイビジョン、Blu-ray画質へと変化する」とし、栗田氏は「テレビの大画面化により、高画質需要は高まる。高画質回路『CREAS』(クリアス)は市場の期待に応えるもの」と話した。
Scroll Right Scroll Left

発表会には、ソニーマーケティング代表取締役執行役員副社長の栗田伸樹氏(左)とソニー業務執行役員SVPオーディオ・ビデオ事業本部本部長根本章二氏(右)が登場した。

根本氏は「2011年の地上アナログ放送終了に伴い、画質の評価基準がデジタルハイビジョン、Blu-ray画質へと変化する」とし、栗田氏は「テレビの大画面化により、高画質需要は高まる。高画質回路『CREAS』(クリアス)は市場の期待に応えるもの」と話した。

発表会には、ソニーマーケティング代表取締役執行役員副社長の栗田伸樹氏(左)とソニー業務執行役員SVPオーディオ・ビデオ事業本部本部長根本章二氏(右)が登場した。 根本氏は「2011年の地上アナログ放送終了に伴い、画質の評価基準がデジタルハイビジョン、Blu-ray画質へと変化する」とし、栗田氏は「テレビの大画面化により、高画質需要は高まる。高画質回路『CREAS』(クリアス)は市場の期待に応えるもの」と話した。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加