エヌビディア、Intel X58のネイティブSLIサポートを発表--方針転換には疑問の声も

文:Brooke Crothers(Special to CNET News.com) 翻訳校正:川村インターナショナル、編集部2008年09月01日 13時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週のゲームカンファレンスでの勢いとは裏腹に、NVISIONの最高潮は白旗を振るという結末に終わった。世界最大のグラフィックチップサプライヤーであるNVIDIAは、Intelのシリコンを使用したハイエンドのゲームグラフィックをサポートすると発表した。多くのハードウェア愛好者のウェブサイトと、少なくとも1社のPCメーカーの反応を見る限り、ゲームPC業界におけるNVIDIAの影響力に疑問が投げかけられた。

 この発表後の衝撃を受けて、AnandTechは「Hell Freezes Over: NVIDIA Announces Native SLI Support for the Intel X58 Chipset.(ありえないことが起きた。NVIDIAがIntel X58チップセットのネイティブSLIサポートを発表)」という見出しのニュースを発表した。解説するとこうだ。「NVIDIAが自社のテクノロジーを未来のゲームシステムで活かすためには、自社製ではなくIntelをサポートするシリコンを使う必要がある」

 あるPCメーカーはこの感想に同意した。「NVIDIAが最高のメーカーだったなら、このようなことは避けただろう」とこのメーカーの社員は語り、NVIDIA nForce 200チップを暗に示した。米国時間8月28日の方針転換までは、nForce 200は、今後のIntel Core i7システムでハイエンドのNVIDIAグラフィックを使用するために必須だった。

 この社員は匿名を条件に、このPCメーカーでは短期間でNVIDIAの代わりにAMDのATIグラフィックユニットの採用を進めると明かした。NVIDIAよりもATIグラフィックを好む傾向が新たに起こったことにはパフォーマンス上の理由もあるが、この特定のケースにおいては、PCメーカーやユーザーは、ハイエンドのゲームシステムのグラフィックのために特殊なNVIDIAチップを追加したくない、とこの代表者は述べている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加