ソニー、Blu-ray再生に注力--単品コンポ、アンプとプレーヤーの新製品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月27日、Blu-ray Discのフォーマット音声を高音質で楽しめるマルチチャンネルインテグレートアンプの最上位モデル「TA-DA5400ES」と中堅モデル「TA-DA3400ES」、エントリーモデル「STR-DG820」の3機種と、スーパーオーディオCD/CDプレーヤー(SACDプレーヤー)「SCD-XA5400ES」を発表した。

 マルチチャンネルインテグレートアンプ3機種は11月20日より販売され、価格はTA-DA5400ESが26万2500円、TA-DA3400ESが13万6500円、STR-DG820が8万4000円。SACDプレーヤーSCD-XA5400ESは10月20より販売され、価格は17万6400円となる。

 マルチチャンネルインテグレートアンプ3機種は、独自の「第2世代 低ジッタ型ロスレスデコードエンジン」を搭載し、ジッタノイズを低減することで、Blu-rayの高音質再生をサポートするという。

 最上位機であるTA-DA5400ESには、デジタル信号から分離したマスタークロックに原理的に含まれるジッタを排除する「ジッタ・エリミネーション回路」と可聴帯域外の音質阻害成分を除去することで、高音質化する「デジタル・レガート・リニア機能」を搭載。Blu-rayに限らず、DVD、CDなど幅広い音源の高音質化に対応できるとのことだ。

 TA-DA5400ESには6入力/2出力の、TA-DA3400ESとSTR-DG820には、4入力/1出力のHDMIを装備した。

「TA-DA5400ES」 「TA-DA5400ES」
「STR-DG820」 「STR-DG820」
「TA-DA3400ES」 「TA-DA3400ES」

 SACDプレーヤーのSCD-XA5400ESは、DSDフィルター+マルチレベルD/Aコンバーター方式のスーパーオーディオD/Aコンバーターの採用により、デジタルノイズの発生を抑え、ナチュラルな高音質を実現したという。

 回路構成にはフィルタリング&バッファー回路を通してダイレクトに出力する、ピュアバランス回路構成を、電源部にはうなりや磁束漏洩が少ないRコアトランスを2個搭載するなど、ハイエンドモデルならではの作りとなっている。

 なお、TA-DA5400ESとHDMIケーブルで接続すれば、SACDのDSD(Direct Stream Digital)信号をダイレクトに出力できる。TA-DA3400ESまたはSTR-DG820との組み合わせでは、リニアPCM伝送によるSACDのマルチチャンネル再生が可能だ。

「SCD-XA5400ES」 「SCD-XA5400ES」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加