logo

フォトレポート:インテルの思い描くマシンインテリジェンスの将来像 - 3/18

文:Stephen Shankland(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年08月25日 17時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Intel Research Seattleでインターンとして勤務するAlanson Sample氏が披露しているのは、ワイヤレス共振エネルギーリンク(Wireless Resonant Energy Link:WREL)と呼ばれるマサチューセッツ工科大学(MIT)が考案したアイデアを実証するための装置だ。WRELは無線での送電が可能で、他の無線送電技術で問題となるエネルギー喪失もほとんどない。

 実験では、WRELを使って60ワットの電力を電球に送り、点灯させた。同技術はエネルギー効率が75%高い。

 Intel Research Seattleでインターンとして勤務するAlanson Sample氏が披露しているのは、ワイヤレス共振エネルギーリンク(Wireless Resonant Energy Link:WREL)と呼ばれるマサチューセッツ工科大学(MIT)が考案したアイデアを実証するための装置だ。WRELは無線での送電が可能で、他の無線送電技術で問題となるエネルギー喪失もほとんどない。

 実験では、WRELを使って60ワットの電力を電球に送り、点灯させた。同技術はエネルギー効率が75%高い。

提供:Stephen Shankland/CNET News

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]