フォトレポート:インテルの思い描くマシンインテリジェンスの将来像 - 14/18

文:Stephen Shankland(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年08月25日 17時37分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 カリフォルニア大学サンタバーバラ校のBrian Koch氏(左)が披露しているのは、シリコンフォトニックと呼ばれる技術だ。この技術は、光信号を使ってマイクロプロセッサに断続的にデータを送信できる。デモでは3.2Gbpsの伝送速度でデータを送信した。光は電子に比べ消費電力が小さいため、電子に代わる優れたデータ伝送手段だ、とRattner氏(右)は指摘した。

 カリフォルニア大学サンタバーバラ校のBrian Koch氏(左)が披露しているのは、シリコンフォトニックと呼ばれる技術だ。この技術は、光信号を使ってマイクロプロセッサに断続的にデータを送信できる。デモでは3.2Gbpsの伝送速度でデータを送信した。光は電子に比べ消費電力が小さいため、電子に代わる優れたデータ伝送手段だ、とRattner氏(右)は指摘した。

提供:Stephen Shankland/CNET News

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]