logo

フォトレポート:インテルの思い描くマシンインテリジェンスの将来像

文:Stephen Shankland(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部2008年08月25日 17時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 未来学者Ray Kurzweil氏は、人工知能が人間の知能を凌駕するというときが間もなく訪れると予測している。そして、Intelの最高技術責任者(CTO)、Justin Rattner氏もKurzweil氏と同じ見方をしている。Rattner氏は米国時間8月21日、サンフランシスコで開催中のIntelの開発者向け会議Intel Developer Forum(IDF)の基調演説で、テクノロジが人間の知能に追いつきつつあることを示すいくつかの証拠として、ロボット工学、通信といった分野における多くの進歩を披露した。
 写真は、Rattner氏が、ロボットが掴んでいたリンゴを素早く奪ったところ。このロボットの手と腕は、周囲の電場の変化だけで対象物を感知できる。

 未来学者Ray Kurzweil氏は、人工知能が人間の知能を凌駕するというときが間もなく訪れると予測している。そして、Intelの最高技術責任者(CTO)、Justin Rattner氏もKurzweil氏と同じ見方をしている。Rattner氏は米国時間8月21日、サンフランシスコで開催中のIntelの開発者向け会議Intel Developer Forum(IDF)の基調演説で、テクノロジが人間の知能に追いつきつつあることを示すいくつかの証拠として、ロボット工学、通信といった分野における多くの進歩を披露した。
 写真は、Rattner氏が、ロボットが掴んでいたリンゴを素早く奪ったところ。このロボットの手と腕は、周囲の電場の変化だけで対象物を感知できる。

提供:Stephen Shankland/CNET News

 未来学者Ray Kurzweil氏は、人工知能が人間の知能を凌駕するというときが間もなく訪れると予測している。そして、Intelの最高技術責任者(CTO)、Justin Rattner氏もKurzweil氏と同じ見方をしている。Rattner氏は米国時間8月21日、サンフランシスコで開催中のIntelの開発者向け会議Intel Developer Forum(IDF)の基調演説で、テクノロジが人間の知能に追いつきつつあることを示すいくつかの証拠として、ロボット工学、通信といった分野における多くの進歩を披露した。  写真は、Rattner氏が、ロボットが掴んでいたリンゴを素早く奪ったところ。このロボットの手と腕は、周囲の電場の変化だけで対象物を感知できる。

-PR-企画特集