発射台での度胸試し--J・L・ガセー氏が見た「MobileMe」の問題点

文:Dan Farber(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年08月19日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲスト投稿Jean-Louis Gassée氏は、Appleの「MobileMe」サービス開始の失敗、Appleが世界中の数千万のユーザーにワイヤレスのデータ同期サービスを提供できるのかを検討している。このエッセーはもともとMonday Noteに投稿されたものだ)

 シンプルにするのは難しい。簡単にするのはもっと難しい。表面に出ないようにするのは最も難しい。今、コンピュータの世界に伝わる多くの格言の1つが現実に起こっている。Appleが7月に開始したMobileMeの度重なるトラブルにより、「残されたわれわれにとってのExchange」という立派な約束は、ユーザーにとってシンプルでもなければ簡単でもない体験に終わった。しかも、非常に明白な形でだ。数週間経った現在、サービスは安定しているようだが、Appleは世界中の数千万人のユーザーにワイヤレスのデータ同期サービスを提供できるのだろうかという疑いは消えていない。

 一体何が起こったのか。それがMobileMeの未来にどう影響するのだろうか。

 まず、「発射台での度胸試し」の意味を理解することから始めよう。度胸試し(チキンレース)とは、2人の若者が田舎道の同一車線でそれぞれ反対方向から猛スピードで車を走らせ、男らしさを試すゲームである。最初にハンドルを切った者は明らかに意気地なしで、チキン(弱虫)とののしられる。頭脳対度胸の話だと思うかもしれないが、ここでのチキンとは「最初にひるんだ」者をいう。次は発射台だ。月への探検に向かうロケットを打ち上げる直前の米航空宇宙局(NASA)の管制室を思い浮かべてほしい。白い半袖シャツ、ポケットプロテクタ、眼鏡を着用した数百人ものスタッフ(その多くは男性だ)が、ディスプレイ、キーボード、電話の前に背中を丸めて座り、それぞれ、左側の液体水素タンク、予備のジャイロスコープ、主エンジンのテレメトリなどのサブシステムを監視している。エアコンの効いた巨大な管制室で、5人の男性スタッフが冷や汗をかいている。何か問題があるようだ。温度が上昇し続け、圧力が下がり、テレメトリのリンクが弱まっている。ぎりぎりだが、レッドゾーンに達しているわけではない。パラメータがこのようにレッドゾーンを行き来するようになった場合、緊急用の電話を取らなければならない。しかし、発射中止を決定する張本人になりたいと思う人などいない。そのため彼らはさらに汗をかき、誰かが先にひるむのを期待している。これが発射台での度胸試しだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加