logo

アップルのジョブズ氏:「MobileMeは提供開始を急ぎ過ぎた」

文:Marguerite Reardon(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉2008年08月06日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 技術ニュースサイトのArs Technicaが米国時間8月4日夜に伝えたところによると、Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏は、同社が「iPhone 3G」はじめそのほかの大型製品のリリースと同時に「MobileMe」サービスを開始したのは、「間違い」だったと認めたという。

 Ars Technicaは、Jobs氏が従業員に宛てた社内メールを引用し、MobileMeには問題が残っており、リリースが早すぎたことを認めた、と報じている。その社内メールでJobs氏は、MobileMeサービスの立ち上げについて、もっとうまく対処できたはずだと述べたという。同氏はまた、同サービスが「Appleの基準に達していない」ことも認めた。そして、すべてのMobileMeサービスを一斉に開始するのではなく、個別に時間をかけて立ち上げてもよかった、と述べたという。

 Ars Technicaは、Jobs氏の社内メールから次のような文面を引用している。「iPhone 3G、『iPhone 2.0』ソフトウェア、および『App Store』と同時に、MobileMeを開始するのは間違いだった。われわれは皆、過剰なほど仕事を抱えていたし、大きな影響を出さずにMobileMeを遅らせることもできたはずだった」

 MobileMeは、Appleの「.Mac」サービスをリニューアルしたものだ。基本的にはクラウド型のストレージソリューションで、同サービスに登録すると、電子メール、カレンダー、アドレス帳、写真、「Safari」のブックマーク、「Dashboard」ウィジェットなどを、「Mac」「iPhone」「iPod touch」間で同期できるようになる。Appleのサーバ上に20Gバイトのストレージが提供され、Windows搭載コンピュータ上の「Outlook」とも連携する。MobileMeはウェブ上に構築されているので、登録ユーザーはどんなウェブブラウザからでもオンラインアプリケーションにアクセスできる。

 しかし、7月10日のリリース以来、MobileMeではいくつも問題が生じた。特に目立ったのは、登録ユーザーがサイトにアクセスできなくなったトラブルで、中には電子メールを失った人もいた。

 AppleはMobileMeの状況を報告するブログを開設し、ユーザーに同サービスの最新情報を伝えることにした。Appleはここで、障害がピークに達していた7月16日から18日までの間、一部ユーザーが10%の電子メールを失ったことを認めている。

 とはいえ、電子メール問題の影響を受けたのはMobileMeユーザーのわずか1%だった、とAppleは主張している。このブログの記述によれば、問題のメール消失は、「メールサーバのうちの1台で起こった深刻な問題」に起因するという。

 MobileMeの利用者はまた、スケジュール帳やアドレス帳にアクセスできない問題にも直面した。これは需要の判断を誤ったことが原因だった、とAppleのブログは説明している。

 この最新の社内メールで、Jobs氏は従業員に向けて、今回の過ちから学び、前に進むよう鼓舞している。

 Ars Technicaは、Jobs氏のメールから次のような文面を引用している。「MobileMeの立ち上げではっきりと示されたのは、われわれにはインターネットサービスについてもっと学ぶべきことがあるという事実だ。そして、われわれはきっと学ぶ。MobileMeのビジョンは、エキサイティングであると同時に野心的でもある。われわれは、MobileMeが2008年末までに当社の全員が誇れるサービスになるよう、努力を続けるのだ」

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

-PR-企画特集