NTTドコモ、ハワイで国際ローミングサービスを開始--AT&Tのネットワークを利用

松田真理(マイカ)2008年07月31日 18時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは7月31日、ハワイ諸島において、AT&Tが提供するW-CDMA方式の3Gローミングサービスを利用した高速通信の提供を開始すると発表した。NTTドコモによれば、国際ローミングの利用促進を目的とした3Gネットワークエリアの共同構築が、おおむね完了したという。

 利用可能なエリアは、オアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島を含めたハワイ諸島。対応機種は、SH905iTV、SH906i、F906i、SO906i、N906iμ、SH906iTV、NM705i、NM706i(発売予定)、hTc Z、HT1100の3G 850MHz対応海外ローミング対応端末で、音声通話およびパケット通信が利用できる。ただし、テレビ電話サービスは利用できない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加