松下、「Let's note W7シリーズ」にオフィスソフト・2GBメモリを標準搭載

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業は、モバイルノートPC「Let'snote W7シリーズ」の新モデル「CF-W7DWJQJR」を、7月31日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は28万5000円前後の見込み。

  12.1型液晶を搭載する「W7シリーズ」に、標準で2GBのDDR2メモリと120GB・HDDを搭載し、統合オフィスソフト「Office Personal 2007 with PowerPoint 2007」をプリインストールする。キーボードには全面防滴加工を施し、ボディは「天面全体で100kgf加圧振動」、「76cm動作落下」の耐久テストをクリアした。

 OSには、Windows Vista Business SP1をプリインストール。Windows XP Professionalへのダウングレード権とインストール用のDVDを付属するほか、Windows Vista Businessを再インストールできるリカバリメディアを同梱する。GM965 Expressチップセットを採用し、CPUはCore 2 Duo 超低電圧版 U7600(1.2GHz)。標準バッテリー装着時の最大駆動時間は約10.5時間で、サイズは幅272×奥行き214.3×高さ45.3mm、重さは 1259g。

松下電器産業=http://www.panasonic.co.jp/
「Let'snote」=http://panasonic.jp/pc/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加