logo

松下、1470万画素CCD搭載モデルなど「LUMIX」新シリーズ4機種

エースラッシュ2008年07月23日 11時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 松下電器産業 パナソニックマーケティング本部は7月22日、1470万画素の新開発CCD搭載モデルなどコンパクトデジタルカメラ「LUMIX」シリーズ4機種を、8月22日より発売すると発表した。価格はすべてオープンとなる。

 発売されるのは「DMC-LX3」「DMC-FZ28」「DMC-FX150」「DMC-FX37」の4機種。DMC-LX3は広角24mmの「LEICA DC VARIO-SUMMICRONレンズ」を搭載した1010万画素モデルで、直観的にマニュアル操作ができるボタンレイアウトを採用。外付け光学ファインダなど各種オプションアクセサリーが充実しているほか、被写体にピントや露出を合わせ続ける動体追尾AF/AE機能「追っかけフォーカス」、逆光補正と暗部補正を全自動化した新しい「おまかせiAモード」も搭載している。カラーはブラックとシルバーの2種類が用意されており、店頭想定売価は6万5000円前後。

「DMC-LX3」 「DMC-LX3」左から、ブラックとシルバー

 DMC-FZ28は、EX光学ズーム併用で最大32.1倍になる光学18倍ズームレンズを採用した1010万画素モデル。「追っかけフォーカス」や「おまかせiAモード」のほか、今回は「アドバンスシーンモード」に「クローズアップ」が追加されている。また、従来モデルを継承したジョイスティックによるフルマニュアル操作も特徴だ。カラーはブラックとシルバーの2種類で、店頭想定売価は5万5000円前後。

「DMC-FZ28」 「DMC-FZ28」左から、ブラックとシルバー

 DMC-FX150は、コンパクトカメラとして初となる有効画素数1470万画素の新開発CCDを搭載したFXシリーズのフラッグシップモデルだ。持ち運びに便利な厚さ24.8mmのコンパクトボディには、28〜100mmの光学3.6倍ズームレンズを装備。もちろん「追っかけフォーカス」や「おまかせiAモード」も搭載されている。カラーはブレードシルバー、ミラージュゴールド、エスプリブラックの3種類で、店頭想定売価は4万7000円前後。

「DMC-FX150」 「DMC-FX150」左から、ブレードシルバー、ミラージュゴールド、エスプリブラック

 DMC-FX37は、「追っかけフォーカス」や「おまかせiAモード」を搭載した1070万画素モデル。約22mmの薄型ボディながら25〜125mmの光学5倍ズームを採用しており、奥行き感のある撮影が可能となっている。また、エクストラブラック、プレシャスシルバー、カクテルピンク、ショコラブラウン、シェルホワイトという5種類の豊富なボディカラーが用意されているのも特徴だ。店頭想定売価は4万3000円前後。

「DMC-FX37」 「DMC-FX37」
(上)カクテルピンク、プレシャスシルバー、シェルホワイト
(下)エクストラブラック、ショコラブラウン

-PR-企画特集