企業へのクラウド導入--グーグルらが進める「信頼される」ための施策

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル
2008年07月17日 07時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国時間7月8日、「Google Docs」の多数のユーザーが1時間にわたってオンラインワードプロセッサやプレゼンテーションを利用できなくなった。今回の障害により、クラウドコンピューティングに伴う問題のみならず、この構想が受け入れられるための努力が徐々に進展していることも明らかになった。

 ソフトウェアをPCや企業のサーバではなく、インターネットのコンピュータで動作させるクラウドコンピューティングには、技術的にも文化的にもある種の信頼が必要だ。クラウドコンピューティングのユーザーは常に他人のコンピュータインフラを信頼しなければならず、危険だともいえる。

 しかし、保証や実用的なツールが次第に登場してきており、移行の負担が和らげられることもあり得る。

Salesforce.com Salesforce.comはサービス応答に関する詳細、現在発生している問題に関する具体的な情報を公開している。

 たとえば、Googleは、Google Appsサービスのオンライン電子メールコンポーネントである「Gmail」がほぼ常時利用可能で、99.9%の稼働時間を割り込んだ場合、有料ユーザーのサービスクレジットを延長するとするサービス内容合意書(SLA)を提示している。

 今後は、他のGoogle Appsに対してもSLAが提示される予定だ。

 Google Appsのプロダクトマネージャーを務めるRishi Chandra氏は、「今のところ『Google Calendar』『Google Docs』にSLAはないが、早急にこれに取り組もうとしている」と述べている。Chandra氏によれば、Googleは「すべてのアプリケーションで同水準の信頼性を確保」したいと考えている。

 Googleはクラウドコンピューティングの主要な支持者であり、その支援活動はユビキタスな高速ネットワークの構築にまで及んでいる。また、Yahooも最近、自社のクラウドコンピューティンググループを組織した。この動向には、コンピューティング業界で富の再分配が起こる可能性が秘められている。

 クラウドコンピューティングは大きく2つのカテゴリに分かれている。1つはGoogle Apps、Yahooの「Zimbra」電子メールアプリケーション、「Zoho」オフィスビジネスソフトウェア、Adobeの「Buzzword」文書作成アプリケーション、Salesforce.comの「CRM」アプリケーションといったオンラインアプリケーションだ。もう1つは、「Amazon Web Services」、Salesforce.comの「Force.com」、および「Google App Engine」といった汎用の基盤で、顧客は自分たちのアプリケーションを実行することができる。

クラウドコンピューティングへの移行

 SLAは、費用便益分析を行うCIOへのアピールとなる契約上の保証の一種だ。しかし、SLAには感覚的な要素もある。

Google Docs 7月8日のサービス停止中、Googleはこのステータス警告を表示した。
提供:CNET Networks

 心理学的には、コントロールできていると感じることができれば、リスクにあまり不安を感じなくなることが、リスク分析の分野ではよく知られている。このように、人は、民間ジェット機でどこかに連れて行かれるよりも、渋滞している高速道路で車を運転する方が安心だと感じることが多く、2つの輸送形態の相対的な安全性は関係ない。

 ゆえに、当然のことながら、クラウドコンピュータには、自分で自分のコンピュータを再起動できない、データセンターのサーバで赤いライトが点滅していないか確認できないといった懸念がある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加