アップル共同設立者のS・ウォズニアック氏、「iPhone 3G」購入で列に割り込み?

文:Greg Sandoval(CNET News.com) 翻訳校正:佐藤卓、高森郁哉2008年07月14日 14時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Steve Wozniak氏はAppleの共同設立者だ。Wozniak氏は資産家で、世界中のギークたちにとってのヒーローでもある。

 そのWozniak氏がAppleのガジェットを買うため列に並ぶ、と報じられたが、実はそう見せかけていただけだったのだろうか?

 そんな主張が、一部の困惑した購入者たちから提起されている。彼らの証言によると、カリフォルニア州サンノゼにあるショッピングモール「Valley Fair」のApple Storeに、「iPhone 3G」を買いに来たWozniak氏は、メディアの報道とは異なり、店の前で列に並んで一夜を明かしたわけではなかったという。

 Doug BroussardさんとPatrice Broussardさんによれば、実際には、Wozniak氏が列に並んで待つことは一切なかったという。その場にいた2人が言うには、Wozniak氏はモールの近くにあるソファで4時間ほどのんびり過ごし、店が朝8時に開くと列の前にふらふらと出てきて、あっさりと割り込んだという。何の説明もなしに。

 さらに、Wozniak氏は1人でいたわけではなかった。Wozniak氏の大物振りを撮影した2人は、同氏が仲間を従えていたと話す。誰も何も言わなかったのだろうか?

 やはり、説明はなかったようだ。それはあっという間の出来事だった、とDoug Broussardさんは語る。もっとも、「Apple II」の生みの親を列の最後尾に追いやる人などいるだろうか?

 それでも2人によれば、その様子を見た人たちは不愉快な面持ちだったという。

 列に並んで待つという約束事は誰でも知っている。列に割り込むのは、たとえVIPであっても良くない行為だ。6人もの友人を引き連れて割り込むような人は、列の後ろにいる人たちから蹴りを入れられるリスクを犯すことになる。

 iPhone 3Gの売り出された米国時間7月11日、Apple Storeは一度にわずか30人ほどを店内に招き入れるようにしていた。つまり、モール内で数時間待ったであろう7人の購入客は、Wozniak氏とその仲間がいなければもっと早く帰宅の途につけたのだ。

提供:Doug Broussard
  • このエントリーをはてなブックマークに追加