システム青山、親指シフトキーボード搭載のスリムモバイルノートPCを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システム青山は6月26日、富士通の「FMV-LIFEBOOK S8360シリーズ」に、親指シフトキーボードを搭載したスリムモバイルノートPC「FMVNS7B4S(FMV-S8360/S)」を発表した。同社が運営する富士通専門店「アクセス」のオリジナルモデルで、価格は22万9800円となる。

 FMVNS7B4Sは、約1.68kgの軽量を実現した、LEDバックライト使用の14.1インチ薄型液晶ハイスペックスリムモバイルノートPC。FMV-LIFEBOOK S8360シリーズを基本として、OSにWindows Vista Businessを搭載し、デュアルコアの最新CPU インテル Core 2 Duo プロセッサーと80Gバイトのハードディスク、1Gバイトメモリ、DVDスーパー・マルチドライブ、モデム、ワイヤレスLANを装備した。

 エミュレーションの快速親指シフトとは違い、中央に「親指左(無変換)」と「親指右(変換)」を配置した本格的な配列の親指シフトキーボードを搭載。「後退」「取消」キーも、富士通製ワープロ専用機「OASYS」シリーズに搭載されていた親指シフトキーボードに準拠している。

「FMVNS7B4S(FMV-S8360/S)」 「FMVNS7B4S(FMV-S8360/S)」
親指シフトキーボード 親指シフトキーボード
  • このエントリーをはてなブックマークに追加