東芝、REGZAのファームウェアをバージョンアップ--「ダビング10」対応に

エースラッシュ2008年04月08日 19時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は4月8日、「ダビング10」のコピー制御を実施している番組のアナログダビングに対応するために、REGZAの一部機種に対して、ファームウェアのバージョンアップを実施すると発表した。

 対象となる機種はZ3500/Z2000/Z1000/H3300/H3000H2000/H1000の各シリーズと32H3200および37H310となる。

 バージョンアップを行うことにより、ダビング10の制御がかかっている番組についてデジタル放送録画出力端子を利用したハードディスクやDVDレコーダーへのダビングが可能となる。バージョンアップは、BSデジタル放送や地上デジタル放送の放送波を利用した方法とサーバを利用した方法がある。

 バージョンアップ実施は6月下旬からで、Z2000、Z1000、H2000、H1000の4シリーズのみ7月下旬の実施となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加