Amazon“ほしい物リスト”、Facebook向けアプリに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国Amazonは3月13日、ソーシャルネットワークサービス「Facebook」向けのアプリケーション「Amazon Giver」と「Amazon Grapevine」を公開した。

 Amazon Giverは、Facebook上でAmazon.comの“ウィッシュリスト”(日本名:ほしい物リスト)の情報を、友人同士で共有できるアプリケーション。Facebookのプロフィールに記載された趣味や嗜好に基づきおすすめ商品を表示し、FacebookからAmazon.comで商品を直接購入することができる。

 Amazon.comに登録された情報をもとに発送されるため、送り主は送り先の住所などを入力する手間を省くことができる。利用には、ウィッシュリストを“公開”に設定する必要がある。

 一方のAmazon Grapevineは、ウィッシュリストの更新や、カスタマーレビューの投稿などAmazon.com上でとった行動を、Facebookを通して友人に通知できるフィード機能。公開するアクティビティーの種類は個別に設定できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加