お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

密かな趣味が全公開--Amazonのウィッシュリスト、改め「ほしい物リスト」に注意?

2008-03-12 05:00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

Amazon.co.jpに「ほしい物リスト」という機能がある(3月8日よりウィッシュリストから名称変更)。自分の欲しいAmazon.co.jpの商品を登録し、友人などに知らせることができるというものだが、この機能を利用するにあたっては注意が必要だ。

というのも、ほしい物リストは作成時に非公開設定にしない限りウェブに公開される仕様となっており、さらにAmazon.co.jpのサイト上から名前またはEメールアドレスで検索できるため、不特定多数のインターネットユーザーに自分の欲しい商品が見えてしまうからだ。

「ほしい物リスト」の検索画面(クリックして拡大)

 

試しに、検索窓に思い当たる人名や会社名などを入力してみると、まったく知らない人や団体のほしい物リストが次々と表示される。表示されている名前をクリックすると、欲しがっている商品までわかってしまう。

「会社」というキーワードで検索した結果

 

Amazon.co.jpのヘルプページには以下のような記載があるが、自分のほしい物リストの中身がウェブに公開され、不特定多数のユーザーに検索されることについて、特に注意は促していない。

作成したほしい物リストは、検索できるように設定することもできます。サイト右上にある「設定内容を変更する」のリンクをクリックし、ほしい物リストの公開/非公開の項目で「公開する(「 サーチ」で検索できます)」を選択すると、「ほしい物リストサーチ」で検索できるようになります。

 

商品の届け先といった個人情報は含まれていないとはいえ、自分の趣味・趣向が、Amazon.co.jpの商品リストという形でウェブに公表されてしまうのだ。もし自分のほしい物リストが誰かに検索されることを好まないなら、すぐに設定を確認した方がいいかもしれない。自分のほしい物リストを開いたときに、「非公開」というアイコンが表示されていれば、他人からは見えない状態となっている。

赤い文字で「非公開」と表示されていれば、リストは公開されていない(クリックして拡大)

 

非公開に変更する方法は次の通り。まずは自分のリストを開き、右上の「設定内容を変更する」リンクをクリックして設定画面に移動する。そして、ほしい物リストの公開/非公開の項目で「特定の人に公開する」(Eメールを送信した人にのみ公開)か、または「公開しない」にチェックを入れて保存すれば完了だ。

鳴海淳義(編集部)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社