[レビュー]明日を写し出す新次元α--デジタルカメラ ソニー「α700 (DSLR-A700)」

礒村 浩一 (Isopy)2008年01月23日 19時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニー
DSLR-A700
内容:2006年、ソニーはコニカミノルタからαシステムを受け継ぎ、デジタル一眼レフカメラ「α100」を発売した。そのα100はコニカミノルタ「αスイート」をベースに開発したと思われるエントリーモデルとしての性格を持ったカメラであった。そのα100発売からおよそ1年3カ月。待望のソニー「α」2機種目となるデジタル一眼レフカメラ「α700」が満を持して登場した。その新しい「α」は黒く精悍なボディの中に最新鋭の戦闘能力を有する攻撃的な一台である。

優れた操作性と精悍なマスク

  • α700の上面はとてもシンプルな配置。必要なものが判りやすく用意されている。露出ダイヤルは前と後の2ダイヤルを採用

 ソニーα700の外観の印象は非常に精悍である。艶消しブラックのボディは高級感があり触った感触もしっくりとくる。α100のボディはプラスチック感が拭えなかったが、このα700は塗装もしっかりとしており質感もよい。α100と較べるとひと回り大きくなったボディだが、実際に構えると私には丁度良い大きさだ。グリップも程よい大きさで安定感がある。それでいて驚く程に軽い。ボディのみの重量が約690gと同クラスのカメラと較べてもとても軽量である。それは高強度アルミ素材をボディシャーシに、外装の一部にはマグネシウム合金を採用したことが大きな要因だろう。これにより軽量でありながら堅牢なボディを実現している。

  • 露出補正は-3EV〜+3EV 1/3EV、1/2EVステップの選択が可能

 α100ではボディ上面に2つの大きなダイヤルが配置されていたが、このα700ではダイヤルは1つとなっている。カメラ左手肩上に配置されたダイヤルは露出モードセレクターとなっており、「全自動オート」「プログラムAE」「絞り優先AE」「シャッタースピード優先AE」「マニュアル露出」の基本モードに加え、6種類のシーンモードが配置されている。

 また自分好みのカメラ設定を組み合わせて登録することのできる「MR」モードも用意されている。カメラ上面右手側には「ドライブ切り替え」「ISO感度設定」「ホワイトバランス設定」「露出補正」各ボタンが配置されている。露出を設定するダイヤルはグリップ上部レリーズボタンの前部にある前ダイヤルとカメラ背面の右手親指の位置にある後ダイヤルの2ダイヤルが用意されており、前ダイヤル1つしか用意されていなかったα100と大きく異なっている点である。

  • 3.0型の液晶モニターを中心に各種スイッチ&ボタンが配置されている。電源スイッチ、手ブレ補正スイッチ、MENUボタン類などはα100とほぼ同じ位置である。新たにジョイスティック状のマルチセレクターとAF/MF切り替えボタン、測光モード切り替えボタンが搭載された

 α700の背面にはひときわ眼を引く大きな液晶モニターが搭載されている。このモニターは3.0型、約92万画素のTFT液晶となり、再生した画像は驚く程に高精細で発色もとても美しい。正直、いまだかつてこれほどまでに美しく画像を表示できるデジタルカメラはなかったのではないだろうか。これにより撮影された画像をより細かく確認することも可能となる。なによりも撮影された画像が美しく再生されることで、より気持ちよく撮影に向かうことができるというものだ。

  • 撮影情報表示

  • 撮影情報表示 最大5枚の画像履歴が上部に表示

  • ヒストグラム表示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加