「Google Maps」で気象情報を表示するマップレット--Weather Channelが提供

文:Elinor Mills(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、高森郁哉2008年01月10日 19時12分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンラインサービスで日常最も便利なものといえば、地図と気象情報だろう。

 これを踏まえて、Weather Channel Interactiveは、「Google Maps」用のマップレットを提供している。このマップレットを利用すると、カスタマイズ可能なレイヤを地図上に追加できる。この気象データは、「Google Earth」上でも閲覧可能だ。

 Google Maps上で1回クリックするだけで、たとえば、サンフランシスコ上空の雲の様子が見られる。また、ポップアップする吹き出しで、現在の気温や湿度、風速、紫外線(UV)指数など、より詳しい情報も得られる。さらに、天気予報や台風情報へのリンクも提供される。

 このマップレットで提供される気象情報は、気象レーダー、気象衛星、雷検知器、コンピュータによるモデリング、天候プロファイルなどのデータを組み合わせたものだ。

 気象マップレットは、Google Mapsの「My Maps」タブから「Featured」ディレクトリにアクセスして追加できる。Google Earthの場合は、「weather」レイヤからデータを選択できる。

Google Maps 提供:The Weather Channel Interactive/Google

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加