logo

ケータイは「便利」から「ライフスタイルそのもの」へ--ソフトバンクの秋冬モデル - 12/17

永井美智子(編集部) 南謙治2007年10月22日 23時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  SoftBank 913SH G TYPE-CHARの最大の特徴となっているのは充電台。「MS-06S シャア専用ザク?」のヘッドをモチーフとした、バンダイ製のオリジナル12分の1スケールの充電台となっているのだ。そのサイズは人間の頭ほど。これを同梱しているため、パッケージは通常のケータイの6倍程度になったとのこと。プラモデル仕様で、接着剤や工具なしで組み立てられる。携帯電話はヘッド内に収納することで充電する。このとき、ケータイのスクリーンセイバーにモノアイが登場し、左右に動くことでシャア専用ザク?の本物らしさを演出している。12月上旬以降発売予定。

  SoftBank 913SH G TYPE-CHARの最大の特徴となっているのは充電台。「MS-06S シャア専用ザク?」のヘッドをモチーフとした、バンダイ製のオリジナル12分の1スケールの充電台となっているのだ。そのサイズは人間の頭ほど。これを同梱しているため、パッケージは通常のケータイの6倍程度になったとのこと。プラモデル仕様で、接着剤や工具なしで組み立てられる。携帯電話はヘッド内に収納することで充電する。このとき、ケータイのスクリーンセイバーにモノアイが登場し、左右に動くことでシャア専用ザク?の本物らしさを演出している。12月上旬以降発売予定。

撮影:南謙治

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]