logo

iPod touch、厚さ8mmを実現できた理由--アップルStan Ng氏に聞く - (page 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPod touchはなぜフラッシュメモリを採用したか

--この世代のiPodでは、iPod nanoでもビデオ再生能の機能がサポートされたこともあり、動画によりフォーカスが当たっているように思われます。米国ではiTunes Storeでさまざまな動画が販売されていますが、日本では音楽ビデオなど限定されたコンテンツに留まっています。このことは、新しいiPodの普及にあたって問題にはならないでしょうか?

“

 私はiTunesの直接の担当ではないので、個々の市場における状況について語る立場にはありません。しかし、1つ言えることは、iTunes Storeの品揃えにかかわらず、すでにiPodに転送すべき動画はたくさんあるということです。たとえば、音楽ビデオもそうですし、ビデオPodcastなどもそうです。また、すでに皆さんのPCのなかには、たくさんの動画が保存されているのではないでしょうか?それらをiTunesにインポートしていただくだけで、iPodへ転送することが可能になります。それらをiPodで楽しんでいただくだけでも十分にエキサイティングなことだと私は考えています。

--なぜiPod touchにはHDD内蔵モデルがないのでしょうか。たとえば、160Gバイトのストレージを持つiPod touchなど、それはそれでありかと思うのですが?

“ipod classic ipod classic

 今回のラインアップのなかには、160Gバイトという大容量のHDDを採用したiPod classicがあります。大容量が必要なユーザーの皆さまには、ぜひiPod classicをご検討いただければと思っております。それに対して、iPod touchのデザインは、フラッシュメモリに最適化されています。それにより、我々が大変こだわっている非常に薄いスタイルが実現可能となったのです。

--質問を変えましょう、HDDに対するフラッシュメモリのメリットは何でしょうか?

“厚さ8mmを実現したiPod touch 厚さ8mmを実現したiPod touch

 HDDを採用するメリットはすでに述べたように大容量です。160Gバイトという容量は、一般的なノートPCのHDDよりも大きいぐらいです(笑)。それに対して、フラッシュメモリは、すでに述べたように薄いスタイルが実現できますし、曲のスキップなどの速度がHDDに比べて圧倒的に速いです。shuffle、nanoはそうしたフラッシュメモリの特徴を生かしてとにかく小型を実現していますし、touchには(フラッシュメモリの採用でできた余裕で)新しい機能をたくさん詰め込んでいます。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]